勝手にコメンテイター

最近の話題を、ド素人の私が、勝手にコメントしたいと思います。 政治・経済・世界情勢に弱い私ですが、よろしくお願いします。たまには、脱線するかも。文章力は、これから強化していきたいと思っておりましゅ!!

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ジャッキー・チェン再び大失態


ジャッキー・チェン再び大失態!「地震津波は世界を救う」失言にブーイング―香港

Record China 10月24日(木)13時13分配信

ジャッキー・チェン再び大失態!「地震津波は世界を救う」失言にブーイング―香港

2013年10月23日、最新作「ライジング・ドラゴン」のキャンペーンで訪米中のジャッキー・チェンが、「地震津波は世界を救う」という意味の失言をしていたことが明らかになった。ニュースサイトの香港新浪網(SINA)が伝えた。

中華圏では“失言キング”としても知られる。最新の監督&主演作「ライジング・ドラゴン」のキャンペーンのため訪米中、このほどカリフォルニア州で地元メディアのインタビューに応じ、再び問題発言をしたことが明らかになった。

中国とアメリカの今後の関係について聞かれたジャッキーは、「米国人と中国人が手を結ぶだけじゃない。世界中が手を結ぶべきだ」と、自身の平和論を前置き。さらに続けて、「こう言っては何だが、世界のどこかの国で災害が起こればいいと思う。例えば、大地震や大津波のように。そういう時は、世界中が救援に立ち上がるだろう?そういうのを見ると、うれしく思うんだ」と、驚きのコメントを口にした。

さらにジャッキーは続けて、「地震津波がなければ、みんなやることがない。そうなると政治を盾に攻撃し合うことになる。そういったものは見たくない」と発言している。

今回の発言に、ジャッキーの地元・香港では「心ない言葉」として、市民や世論が大きく反応。ネット上では、「また失言か」「香港の恥だ」「いい加減にしてくれ」といったジャッキー批判の声が殺到。ジャッキーと言えば今年1月、香港メディアのインタビューで「アメリカは世界最大の汚職国家」と発言し、世間の反感を買ったばかり。このためネットユーザーの間からは、「その大嫌いなはずのアメリカに、映画を売りに行ったのか?」との声も聞かれている。
(翻訳・編集/Mathilda)


チェンさんは、違うニュアンスで言ったつもりなのでしょうが、世間は許してくれなかったっていうことでしょう。
かつての映画界の大スターも、今や「失言キング」という異名を頂いているとは初耳でした。
スポンサーサイト

| 芸能界 | 22:47 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「ほこ×たて」出演者がやらせ告発


ほこ×たて」出演者がやらせ告発、動物虐待疑惑も…フジテレビは「調査中」

デイリースポーツ 10月23日(水)19時16分配信

ほこ×たて」出演者がやらせ告発、動物虐待疑惑も…フジテレビは「調査中」

 フジテレビの人気バラエティー番組「ほこ×たて」(日曜、後7・00)に出演した男性が、番組に「やらせ」があったとインターネット上で告発。騒然となっている。記述には動物虐待と受け取れる部分もあり、動物愛護の観点からも波紋を呼びそうだ。フジテレビは23日、デイリースポーツの取材に対し、出演者のネット上での“告発”について把握していることを認め、事実関係については「調査中」とした。

 問題となっているのは、20日に放送された「ほこ×たて」2時間スペシャルの中の対決『スナイパー軍団VSラジコン軍団』。ラジコンカーで出演した広坂正美氏(43)が「今回偽造された編集内容が余りにも酷かった為、事実をお知らせする事に致しました」と自身が勤務する会社のHP上で“告発”した。

 広坂氏によると、放送された内容は“スナイパーとラジコンカーの対戦において、スナイパーが銃弾を命中させて勝利”だったが、「この内容は全くの作り物です」と指摘。当初番組で決めていた対決のルールに従えば、最初にラジコンボートが3連勝したため、ラジコンカーもヘリも対決がないまま、ラジコン軍団の勝利が決定し、スナイパー軍団とラジコン軍団の対決は終了するはずだった。

 しかしそれではせっかく用意したラジコンカーとヘリの対決を見せることができない、として、編集者が対決の順番を入れ替えた、と広坂氏は主張。さらに、ラジコンカーは撮影中のアクシデントにより、事実上の対決は中止となっていたにもかかわらず、放送では、ラジコンカーがスナイパーに撃たれて負けた事にされたことなど、“演出”が加えられていたという。

 さらに、放送上は男性のクリスさんがスナイパーということになっていたが、実際には、女性スナイパーのレアさんだったという。

 広坂氏は20日の放送分について「内容を偽造して編集したもの」と怒りをあらわにしている。

 また、放送直前に制作会社の担当者から編集内容を知らされ、「あまりにも事実を曲げられていた」ため、「もしこの内容で放送された際には、事実を発表します」と内容を偽造しないよう忠告していたことも明かした。

 ラジコン界のカリスマ的存在である広坂氏は、今回を含め、同番組に3度出演しており、うち2012年10月21日に放送された「猿VSラジコンカー」では、猿がラジコンカーを怖がって逃げてしまうため、「釣り糸を猿の首に巻き付けてラジコンカーで猿を引っ張り、猿が追いかけているように見せる細工をしての撮影でした」と暴露した。

 猿に対して釣り糸を巻き付けた行為は、動物虐待にあたる可能性もある。

 これまでは「ラジコンの認知度を上げたい。ラジコンを普及させたい」との思いで番組に出演してきたという広坂氏。番組当初の企画には、多大なる敬意を払った上で、「昨今では余りにもひどいやらせ番組に成り下がってしまった」ために、今回の“告発”に至ったと説明した。

 また最後に、「フジテレビさんには放送開始当初の輝いていた人気番組『ほこ×たて』の再興を強く願っております」と記している。

 「ほこ×たて」は2010年10月のギャラクシー賞(※優れたテレビ番組に贈られる賞)の「月間賞」を受賞している。



テレビという、娯楽性の高い媒体を考慮すると、ある程度の演出はいたしかたないとの理解もあったうえで、広坂氏もこれまで告発しなかったのでしょうが、その演出程度が限度を超えたため告発に至ったのでしょう。
番組製作会社も、自分たちの倫理とテレビ会社の視聴率の追及との板挟み状態だったことでしょう。
サルの件にしても、せっかく対決の段取りを手間暇かけてしてきたことを、無駄にしたくなかったために行ったことだと思いますが。告発されることは予想外だったと思います。

フジテレビの対応はによっては、今後の放送倫理の度合に大きな波紋をよぶことになりそうです。

| 三面記事 | 06:12 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

堀北真希 極度の空腹で「しかたなく麺つゆ飲みました」

堀北真希 極度の空腹で「しかたなく麺つゆ飲みました」
女性自身 10月21日(月)0時0分配信

“完璧な顔”を武器に堀北真希が鮮烈なデビューを果たしてから、早12年。この顔に『美』を感じない日本人が果たしてどれほど、いるだろう。絶え間ない努力と忍耐力で第一線を走り続けた少女が25歳のいま手に入れた、“かわいさ”の先の“女優の顔”。最近、美しさにいっそう磨きのかかった彼女にその秘訣を聞いた。

「うーん、それは皆さんにきれいにしてもらっているからですよ。私、子供のころからあまり顔が変わっていない気がします。好きなところも特にないですが……でも、まつげはビューラーをしなくてもピュッと上向きに生えていて。それは親に感謝です」

 美しさをキープする心得を尋ねると、最低限のことしかしていないと彼女はいう。

「ふつうの女の人がすることはしています。でも、ぜんぜん駄目なときもありますよ。いつもいい状態でいれたらいいですけど、そうはいかないときもあるし」

 そんな彼女の女優としての活躍は、もはや国民的ともいえる。10月15日からは主演ドラマ『ミス・パイロット』(フジテレビ系・火曜21時~)がスタート。

「人数はまだ少ないですが、女性パイロットの方も実際いらっしゃるんです。今回のドラマは、そんな女性パイロットを目指す訓練生の4年間を描いたもの。夢に向かって頑張っている人の励みになるドラマになれば、うれしいですね」

 12月12日から主演映画『麦子さんと』が公開されるなど、今年は映画にも多数出演。そんな多忙な日々をおくる彼女の、休日の過ごし方とは?

「何もしないで、寝ます。私、とにかくたくさん寝られるんです。自分でもびっくりしたのは、海外の仕事から戻ってすぐ、3日間眠ったこと。水を飲んだりするために何回か目が覚めて、すぐまた寝て。3日後に起き上がったときは、動けないほどにおなかがすいていて、倒れるかと思いました。食べるものがまったくなく、コンビニに行く体力もなく。家に麺つゆしかなかったので、しかたなく麺つゆ飲みました。それ以来、海外に行く前は、食料を家にためてから出かけるようにしています」

堀北真希

本当に、完璧だと思います。
私は、3日連続は寝ることが出来ません。
9時間が限度です。

| 芸能界 | 23:37 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

担任教諭ら殴り、土下座させた容疑で女を逮捕


「謝罪しろ」担任教諭ら殴り、土下座させた容疑で女を逮捕
産経新聞 10月21日(月)18時3分配信

 子供が通う小学校の教諭2人を松葉づえで殴ってけがをさせたうえ土下座をさせたなどとして、滋賀県警大津北署は21日、傷害や強要などの疑いで大津市内の無職の女(41)を逮捕した。容疑を認めているという。

 逮捕容疑は9月30日、子供が通う大津市内の小学校に電話で「子供がいじめられた。身内がナイフを持って『いじめた相手のところに行く』と言っている」と抗議。これを受けて説明に訪れた担任ら教諭2人に対し、持っていた松葉づえで胸や足などをたたいて軽傷を負わせ、さらに「お前らのやってきたことを土下座して謝罪しろ」と言い、2人に土下座をさせたとしている。


モンスター
こないだは、「しまむら」今度は学校ですか?
世の中どうなっていくのでしょうか??

| 教育 | 05:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

養育困難、保護できず サポートが課題


<熊本・少女遺体>養育困難、保護できず サポートが課題

毎日新聞 10月21日(月)7時31分配信

 熊本市東区の民家で、15歳だった住人の少女の一部白骨化した遺体が見つかった事件は、21日で発覚から1カ月を迎える。錯乱状態で保護された母親は入院中で県警は事情が聴けない状態。捜査関係者によると、過去に精神疾患で入院しており不可解な言動が続いていた。母子は社会との接触を閉ざし、悲劇は起きた。精神面に問題を抱えて子育てする世帯へのサポートをどうするか。事件は課題を投げかけている。【志村一也、松田栄二郎、取違剛】

【どういう事件なのか】白骨化遺体:熊本の民家台所に 16歳の娘? 母親を保護

 捜査関係者によると、母親は入院中の病院で医師に「娘は生きている」という趣旨の話をするなど、精神状態は不安定なまま。十数年前に精神疾患で入院し、その後も談笑する近隣住民に「悪口を言っている」と抗議したり、実際は何もないのに「屋根裏で音がする」と警察に通報したりするなどしていた。

 熊本市から南に約45キロ離れた熊本県八代市の山間部の集落。母親の実家がひっそりと建つ。母子は今年2月に約3週間滞在した。その際、窓は目張りされ、扉は板で打ち付けられていた。少女がのこぎりやハンマーを手に周辺を歩く姿が目撃されている。

 少女は小学5年から欠席が増え、中学3年で不登校が長期化。熊本市の自宅も同様に目張りがなされ、市児童相談所や区役所、父親も面会を拒まれた。少女の元同級生の母親は「母親に養育能力があるのか疑問だった。行政は強制的に娘さんを保護できなかったのだろうか」と首をひねる。

 児相は母親の精神状態を把握していたが「精神的に不安定で、子どもと引き離せば自殺の危険も考えられた」としている。虐待の形跡がないことなどから児童虐待防止法に基づく強制立ち入り調査には踏み切らなかった。

 事件と精神疾患の因果関係はまだはっきりしないが、市は22日、外部有識者も交えた検証会議を開く予定だ。児相職員らの研修機関「子どもの虹情報研修センター」(横浜市)の川崎二三彦研究部長は「不登校の背景に教育ネグレクトなど不適切な養育があれば立ち入り調査はできる。市や児相がどんな判断をしたのかしっかり検証してほしい」と話す。

 精神保健福祉に詳しい県立広島大(広島市)の松宮透高講師は「精神疾患のある親の妄想の影響で不登校になる子どももいる。精神科医とも連携して親を含めた家族全体の問題として、継続的に支援できる態勢が必要だ」と語る。NPO法人「全国精神障害者ネットワーク協議会」の山梨宗治事務局長は「最近は症状が軽くなる薬が増え精神疾患があっても子育てはできる。行政などから支援情報が自然に入るようになれば」と望む。


「親の養育能力」
子どもとを育てるということは、本能ではなく能力なのでしょうか。
原始時代であれば、精神的にも肉体的にも、養育能力のない親に生まれた子は、死ぬしかなかったのかも知れません。
でも、助け合うことを学んだ集団となった人間は、それぞれ助け合いながら、実の子以外の子どもでも助け合う本能を身に付けたはずではなかったのでしょうか。

そんな、社会になってほしいものです。

| 社会問題 | 22:44 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

三鷹市ストーカー事件


鬼畜画像が流出…高3女子刺殺事件 死後も傷つけられた名誉

女性自身 10月18日(金)0時0分配信

「いいお嬢さんでした。近所の幼稚園児と玄関前の道でよく遊んでいました。縄跳びをしたり、道にチョークで絵を描いたり、本当に面倒見がよかった。小学校のときから知っていますが、会えば必ず挨拶をする素直な明るい子でした」(近隣の70代男性)

 10月8日夕方、東京都三鷹市の閑静な住宅地で、都内の私立高校3年生でタレント・女優として活動していた鈴木沙彩さん(18)がナイフで首や腹を刺され、殺害された。犯行から約1時間半後に逮捕されたのは、鈴木さんの元交際相手の池永チャールストーマス容疑者(21)。父が日本人、母親がフィリピン人のハーフだった。

 警視庁の調べなどによると、2人は一昨年10月にフェイスブックを通じて知り合い、その後交際に発展。フェイスブックには2人の仲むつまじい写真も残されていた。

 昨年9月、鈴木さんの海外留学をきっかけに別れたが、今年3月に帰国後、池永容疑者から「よりを戻したい」「写真を送らないと死んでやる」などと復縁を迫るメールや手紙が届くようになったという。同年6月には、鈴木さんは元カレからのメールや電話を着信拒否。元カレは執拗なストーカーへと変身していった。鈴木さんは両親とともに三鷹署に被害を訴えていたが、悲劇は起こってしまった。

 さらに鈴木さんは、死後も名誉を傷つけられることになる。交際時代に容疑者が所有していたと思われる彼女のワイセツなプライベート画像や映像が、犯行前にネット上にバラ撒かれていたからだ。

「断定はしていませんが、彼の仕業とみて捜査を進めています。『復縁しないとバラ撒くぞ』と脅し、拒絶されたために流した可能性もある。一度ネット上に載ると消すことはほぼ不可能ですし、しかも殺しまで。まさに鬼畜の所業です」(警視庁担当記者)

 ネットが絡む犯罪に詳しいITジャーナリストの井上トシユキ氏は次のように警鐘を鳴らす。

「犯人が交際前にどういう情報を相手に伝えていたかはわかりませんが、SNSに書いてあるその人の情報は嘘かもしれないし、自分をよく見せるために盛って書いてあることもある。メールのやりとりで気が合っちゃったというだけで、交際するとトラブルに発展する可能性がより高くなると思います。ネット上の情報は鵜呑みにしないということが基本中の基本です」

 SNS社会が生んだ悲劇といえよう。


テレビでは自粛されているようですが、ネットでは猥褻画像をばらまかれた鈴木さんがかなり叩かれているようですが、私は、鈴木さんはネット住民とかから、とやかく言われることはないと思うのですが。
私も画像は拝見しましたが、確かに言葉では言い表せないものでした。
たぶん、ご両親も事件の内容からして、裁判ではいやでも見ることになると思いますが、そのことを考えると残酷な画像です。
つまり、そんな画像を自我撮りした鈴木さんを中傷する意見が、2ちゃんねる・知恵袋等をにぎわせているようです。
でも、好きだった人の為にそんな写真を自我撮りすることについて、そんなに非難される筋合いもないと思うからです。
鈴木さんは、なにもネットでばらまくために撮った写真ではありません。2人の秘め事として撮った写真です。
こんなことをしているのは、たぶん鈴木さんが特別なことをしているわけではないと思うからです。
日本中には、彼氏を喜ばせるために、同様な自我撮り写真を撮って送った女性はかなり居ると思うからです。
今では、フェラチオという性器を口に含む行為は性行為の際にはほとんどのカップルが行っている行動だと思いますが、その行為が盗撮または元彼が撮った写真がばらまかれたら、即座にその女性は中傷の対象になるのでしょうか。

それに被害者は、まだ子供であり、俳優を目指していただけあって美人でもあり、言い寄ってくる男はかなりいたと思われます。
当然、勘違いして男を邪険に扱ったり、少しでも気に入った男が居たら、セックスしたくなるのは致し方ないことだと思うからです。
これが、逆に男性であれば、武勇伝として語られることであり、鈴木さんが女性であったために色んな中傷を受けていると思います。

しかし、こんな秘め事にしたい写真は、どこで漏れてくるのかもしれません。
その場だけの楽しみとして、記録は残さないことが無難だと思いますが・・・

ご冥福をお祈りいたします・・・

| 三面記事 | 23:33 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。